消防法で定められている消火設備

スポンサードリンク



消防法で定められている消火設備

 

消防法で定められている消火設備には次のものがあります。

 

  (a) 消火器及び水バケツ、乾燥砂等の簡易消火器具
  (b) 屋内消火設備 (1号消火栓、2号消火栓) 易操作性も含む
  (c) 屋外消火設備
  (d) スプリンクラ設備
  (e) 水噴霧消火設備
  (f) 泡消火設備
  (g) 二酸化炭素消火設備
  (h) ハロゲン化物消火設備
  (i) 粉末消火設備 (移動式も含む)
  (j) 動力消火ポンプ設備

 

 

上記以外に、消火活動上必要な施設として次のものがあります。

 

  (1) 連結散水設備
  (2) 連結送水管

 

上記の設備は消防法で使用できる場所が決まっています。

 

 

クリックでポチッ!と投票をお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

 

 

消防法で定められている消火設備関連エントリー

防火対象物
山林又は舟車、船きょ若しくは埠頭に繋留された船舶、建築物その他の工作物若しくはこれらに属するものをいう。
消防対象物
山林又は舟車、船きょ若しくは埠頭に繋留された船舶、建築物その他の工作物又は物件をいう。
スプリンクラー設置義務
認知症高齢者グループホームにたいして、平成19年6月13日の消防法施行令等の一部改正に伴いスプリンクラー設置が義務付けられました。
避難誘導設備
避難誘導設備とは、建物内で火災が発生した時に内部に残された人々をいち早く安全に避難させるための設備です。
屋内消化設備(1号消火栓)
屋内消化設備(1号消火栓)に関わる技術的な事を紹介します。
屋外消火設備
屋外消火設備は、工場や倉庫などの広い敷地内に多数の建築物がある場合などに設置される場合が多く、ホース接続部からの警戒範囲が40m以下になるように配置します。
真空スプリンクラー
従来のスプリンクラーは、火災以外での放水危険があり、 錆び、腐食での漏水などで建物機能が損なわれたり、地震・凍結時の配管亀裂・ヘッド破損などで過大な損害・水損事故が起きています。