電気設備

スポンサードリンク



電気設備記事一覧

事務所ビルのエネルギー消費の割合

事務所ビルのエネルギー消費の割合は次のとおりになります。1. 空調用 約47%2. 照明   約32%3. その他  約21%

≫続きを読む

受変電設備

受変電設備は、建築の用途及び規模によって変わってきます。戸建住宅、小規模建物では低圧で受電することが可能です。この場合、受変電設備は不要になります。また、中規模以上の建築物では高圧で受電する必要があり、高圧で受電した場合は、電圧を変換させて、単相では105V、210Vへ変換し、動力の場合は210V、...

≫続きを読む

CT(変流器)

CT(変流器)CT(変流器)は、配電盤の電流計、電力計及び過電流引き外しコイル の電源として、交流電流計の測定範囲拡大に使われる計器用変成器です。高圧回路の電流を比例する電流値に変成するために使用されます。構造は、巻線型、棒型、貫通型があります。

≫続きを読む

DS(断路器)

DS(断路器)とは、電力回路の無負荷時の電圧を開閉する電力機器で、一部を除き基本的には電力の開閉ができません。断路器は、単に充電された高圧電路の開閉に用いられます。主に点検・整備、あるいは修理・改造工事などの際に、下流側を無電圧にする目的で使用します。一般的に、支持がいしがV形に配置された単極または...

≫続きを読む

LBS(高圧負荷開閉器)

LBS(高圧負荷開閉器)高圧負荷開閉器は高圧電路に使用します。通常の状態では所定の電流を開閉並びに通電し、高圧限流ヒューズと組み合わせて遮断器と同じように短絡電流を切る機能を持たせてあります。高圧負荷開閉器は変圧器や進相コンデンサーの一次側に設置し、主に300kVA以下のものに使用されますが、それ以...

≫続きを読む

Tr(変圧器)

Tr(変圧器)とは、受変電設備において交流電力の電圧の高さを電磁誘導を利用して変換する電力機器になります。一般的には、油入変圧器が広く使用されていますが、最近では不燃化、省スペース化などに有効なSF6ガス絶縁変圧器、乾式及びモールド型変圧器などが用いられています。容量としては、100、150、200...

≫続きを読む

VCT(計器用変圧変流器)

VCT(計器用変圧変流器)は、電力計、無効電力計器及び最大需要電力計と組み合わせて電力需給用として使用されるもので、構造は計器用変圧器と変流器を同一鉄製油槽内に納めたものになります。容量・サイズは、契約電力等により異なりますので、選定が必要となります。VCT(計器用変圧変流器)は消費電力を計測する機...

≫続きを読む

ZCT(零相変流器)

ZCT(零相変流器)とは、回路の地絡事故時に流れる零相電流を検出する変流器で、地絡GR(継電器)と組み合わせて使用されます。ZCT(零相変流器)は、電流のベクトル和を見るもので、通常三相電流のベクトル和は相殺されて0になりますが、地絡した場合はグランドを電路とし電流が流れるため、ベクトル和が0になら...

≫続きを読む

GR(地絡継電器)

GR(地絡継電器)は、一定値以上の地絡電流(零相電流)が流れたとき場合に、零相電流を検出して接点動作を起こし、遮断器を作動させ、事故回路を開閉させたり警報信号を出します。零相電流を検出するZCT(零相変流器)と組み合わせて使用します。また、誤動作が懸念されるためケーブルのこう長が長い場合など対地静電...

≫続きを読む