建築設備技術者支援サイト

スポンサードリンク



原子力記事一覧

原子力発電の仕組み

原子力発電といっても蒸気の力でタービン・発電機をまわして発電するという原理は、火力発電と同じである。火力発電は、ボイラーで石炭や石油を燃やして蒸気を作るが、原子力発電は、原子炉でウラン燃料を核分裂させ、その時に発生する熱を利用して蒸気を作りその力でタービン・発電機を回し、発電する。ウラン235のよう...

≫続きを読む

ウラン燃料と原子爆弾の違い

原子爆弾は燃えやすいウラン235がほぼ100%の割合で構成されています。しかし発電所で使われるウラン燃料には、ウラン235は約4%しか含まれませんので、核分裂反応を制御しやすく安全にウランの力を利用できます。

≫続きを読む

核分裂の仕組み

ウランの原子核に中性子が当たると、原子核が分裂します。この現象を『核分裂』といいます。このとき一緒に熱が発生します。原子力発電所では、この熱を利用して水から蒸気をつくり、蒸気の力でタービン・発電機を回して、大量の電気をつくっています。「原子核」とは、物質の構成単位である原子の中心にあり、陽子と中性子...

≫続きを読む

ウランについて

分裂しやすいウランと分裂しにくいウランがあり、核分裂しやすいウランがウラン235で核分裂しにくいウランがウラン238です。ウランは原子核に92個の陽子を持っています。でも、中性子は142、143、146個の3種類存在します。143個中性子を持つウランがウラン235で146個中性子を持つウランをウラン...

≫続きを読む

身の回りに存在する放射線

私たちの回りには、もともと自然に放射線が存在します。例えば、宇宙からふりそそぐ放射線、大地から出る放射線、食物にも放射性物質が含まれています。また、空気中にはラドンという放射性物質が存在し、放射線を出しているなど、常に私たちは微量の放射線に囲まれて生活しています。放射線の量を表す単位は次の通りになり...

≫続きを読む

放射線の種類

放射線には何種類か種類があります。その種類により物質を突き抜ける力(透過力)が異なります。【アルファ(α)線】アルファ(α)線は、放射線の一種で、陽子2個と中性子2個からなるヘリウムの原子核と同じ構造の粒子です。物質を通り抜ける力は弱く、衝突した相手を電離する能力が高いため、自分の持つエネルギーを急...

≫続きを読む

ベータ線熱傷

ベータ線熱傷とは、放射線熱傷と呼ばれる放射線皮膚障害の一種で、ベータ線を浴びることで皮膚および皮膚内の細胞組織が破壊され、熱傷(ヤケド)に似た症状を発するもの。放射線熱傷の症状は熱傷に似るが、外部被ばくと内部被ばくの両方を引き起こす性質があり、一般的な熱傷に比べて、血管をはじめとする皮膚組織の深部ま...

≫続きを読む

メルトダウン

メルトダウン(炉心溶融)とは、原子力発電所で使用される原子炉の炉心にある核燃料が過熱し、燃料集合体または炉心構造物が融解、破損することを指す原子力事故です。炉心溶融が起こった後に想定されることは、冷却処理が取れなければ核燃料の膨大な熱エネルギーによって原子炉容器や原子炉格納容器、原子炉建屋などの構造...

≫続きを読む

エネルギーの67%は廃熱として捨てられる

原子力発電は、核分裂反応を定常的に起こさせ、その時に発生する膨大な熱でお湯を沸かし、蒸気を発生させ、タービンを廻し、発電します。この際、タービンを廻す蒸気は高温の方が効率がよく、火力発電では400度の蒸気が使われますが、原子力発電の場合は強い放射線によって機器が損傷されるため、200数十度まで下げら...

≫続きを読む

放射性セシウムと放射性ヨウ素

放射性セシウムと放射性ヨウ素放射性セシウムと放射性ヨウ素とは、原子力発電の燃料に使うウランなどが核分裂反応を起こして生成される放射性物質のことをいいます。過去の原発事故ではセシウム137とヨウ素131が特に人体に影響を与えるとして問題になりました。体内に入ると細胞内に溶け込み放射線を出し続けます。放...

≫続きを読む

プルサーマル

プルサーマルとは、プルトニウムとサーマルリアクター(一般的な原子力発電所)の2つ合わせたを言葉です。プルサーマルの仕組みについては、原子力発電所で使い終わった使用済ウラン燃料を再処理して、ウランおよびプルトニウムを回収し、ウラン・プルトニウム混合酸化物(MOX)燃料として再び現在の原子力発電所(軽水...

≫続きを読む

MOX燃料

MOX燃料とは、ウランとプルトニウムを酸化物の形混ぜ合わせて作った燃料です。通常のウラン燃料は、天然ウランの中の核分裂しやすいウラン235の割合を少し増やした濃縮ウランを使いますが、MOX燃料は、ウラン235を濃縮する代わりにプルトニウムをウランに混ぜて使います。

≫続きを読む

プルトニウム

プルトニウムは自然界には存在しない元素になります。核分裂の連鎖反応を起こさないウラン238の原子核に中性子をぶつけると、中性子が原子核に吸収され、プルトニウム239になります。ということは、プルトニウム239は原子炉さえあれば簡単にできてしまいます。プルトニウムの毒性(1) 放射線が強い(2) 体の...

≫続きを読む