局所給湯方式

スポンサードリンク



局所給湯方式

局所給湯方式とは、給湯が必要とされる箇所に小型の給湯器を局所的に配置する方式です。

 

お湯を循環させること無く、おもに飲用を中心に用いられます。
配管方式としては、一方向でお湯を供給するので一管式配管方式といわれています。

 

さらに、タンク内に60〜90°C前後の湯を直接ガスや電気で加熱するため、直接加熱給湯方式ともいいます。

 

 

局所給湯方式には、瞬間式と貯湯式があります。

 

@瞬間式は、使う分のみ必要時に沸かす方式で住宅でよく使われます。
瞬間給湯器はさらに、先止式給湯器(給湯栓を開いたときの水流を感知して着火する)と、元止式給湯器(本体に着火スイッチが直接ついており、本体の湯栓を開くことで自動的に着火する)があります。

 

A貯湯式は、常に一定の温度に保たれた湯を湯沸器に付属したタンクに貯めておく方式。業務用や、住宅の深夜電力利用で使用する場合が多い。

 

 

住宅の台所、洗面所、浴室や事務所の湯沸室など小規模な施設で採用されています。
メリットとしては取り付けが容易で設備費は安いですが、ガス・電気を熱源とするため重油等を利用する中央式と比べると燃料費は高くなるのがデメリットになります。

 

 

クリックでポチッ!と投票をお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

 

 

局所給湯方式関連エントリー

給湯量の算定方法
給湯量算定の仕方には、人員による算定、器具数による算定がある。(a) 人員による算定方法は1日当り最大給湯量 = 給湯人員 × 1人1日当りの給湯量で求められます。
セントラル方式(中央方式)の設計
@貯湯槽容量の設計 A熱源器の加熱能力の設計 B給湯加熱ポンプの設計 C給湯循環ポンプの設計 D給湯配管口径の設計
1時間当たり給湯量[L/h]
1時間当たり給湯量[L/h]の計算式を紹介します。 Qhm=U×(N×Hh)
厨房における時間最大予想給湯量の算定
厨房における時間最大予想給湯量は次の計算式より求められます。 Qhm : 時間最大予想給湯量 [L/h] Qhm = (q1・N1+q2・N2+ ・・・・・) ・(60-tc)/(th-tc)
貯湯タンクの算定
貯湯タンクの容量は次の計算式より求められます。 Qhm : 時間最大予想給湯量 [L/h] Qhm = K 1・Qd K 1 : 時間最大予想給湯量の1日当り給湯量に対する割合(事務所=0.2、住宅、ホテル等=0.15) Qd : 1日当り給湯量 [l/d] =N ・qd・(60-tc) / (th-tc)
加熱能力の算定
加熱能力の算定 加熱能力は次の計算式より求められます。 H : 加熱能力 [kW/h] H = 0.00116・K 2・Q hm・(th-tc)
蒸気消費量の算定
蒸気消費量の算定 蒸気消費量は次の計算式より求められます。 G = 3,600・K4・H / (γ・η)
共同浴場の入浴人員・浴槽の大きさ・加熱能力等の算定
同時最大入浴人員 同時最大入浴人員は次の計算式より求められます。 P : 同時最大入浴人員 [人] P = K ・Pt
浴槽容量の算定
浴槽容量の算定 浴槽容量は次の計算式より求められます。 W : 浴槽容量 [L]
洗い場面積の算定
洗い場面積の算定 洗い場面積は次の計算式より求められます。 A : 洗い場面積 [m2]
上り湯栓の算定
上り湯栓の算定は次の計算式より求められます。 N : 上り湯栓 [個] N = 0.75・P
共同浴場の瞬間式の設計給湯量の算定
共同浴場の瞬間式の設計給湯量の算定 設計給湯量は次の計算式より求められます。 Qhm : 設計給湯量 [L/h] Qhm= q 1・P
共同浴場の貯湯タンクがある場合の設計給湯量の算定
共同浴場の貯湯タンクがある場合の設計給湯量の算定 Qhm : 設計給湯量 [L/h] Qhm= q2・P
ろ過装置の算定
循環湯量は次の計算式より求められます。 vc : 循環湯量 [L/h] vc =q4・1/T4 - 4vs [L/h] T4=q4 / N1 ・1/q0
膨張・補給水タンクの算定
膨張・補給水タンクの算定 瞬間式の膨張・補給水タンクの算定 膨張・補給水タンクは次の計算式より求められます。
給湯用循環ポンプの算定
給湯用循環ポンプの算定 給湯用循環ポンプ(簡易算定)は次の計算式より求められます。 W : 循環湯量 W = 0.2・q [L/min]
電気温水器の算定(器具数による算定)
電気温水器は次の計算式から求められます。 Q : 温水器容量 [L] Q = Σ(th- tc/thm- tc・Qd )
ヒートポンプ給湯機の貯湯タンク・加熱能力の算定
ヒートポンプ給湯機の貯湯タンク・加熱能力の算定。 給湯量は次の計算式から求められます。 Qd : 1日当り給湯量 [L/d] Qd = N ・qd