膨張・補給水タンクの算定

スポンサードリンク



瞬間式の膨張・補給水タンクの算定

瞬間式の膨張・補給水タンクの算定

 

膨張・補給水タンクは次の計算式より求められます。
Q : タンク容量 [L]
Q = Q1 + Q2
 Q1 : 膨張量 [L]
 Q2 : 補給水量 [L]

 

Q1= K 1・(ρ1/ρ2-1)・V
 ρ1= 0.99999 [kg/L]
 K1 : 余裕係数 (=1.5〜2.5)
 ρ2= 0.98336 [kg/L]
 ρ1 : 水の密度 [kg/L] (5℃ : 0.99999[kg/L] )
 ρ2 : 湯の密度 [kg/L] (60℃ : 0.98336 [kg/L] )
 V : 装置内全水量 [L] (V 1+V 2)

 

Q2= K 2 ・Q hm
 Qhm : 時間最大予想給湯量 [L/h]
 K2 : 時間最大予想給湯量に対する割合 [h] (0.33〜1.0)

 

 

クリックでポチッ!と投票をお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

 

 

膨張・補給水タンクの算定関連エントリー

給湯量の算定方法
給湯量算定の仕方には、人員による算定、器具数による算定がある。(a) 人員による算定方法は1日当り最大給湯量 = 給湯人員 × 1人1日当りの給湯量で求められます。
局所給湯方式
局所給湯方式は、給湯が必要な箇所に小型の湯沸し器を分散配置するものである。
セントラル方式(中央方式)の設計
@貯湯槽容量の設計 A熱源器の加熱能力の設計 B給湯加熱ポンプの設計 C給湯循環ポンプの設計 D給湯配管口径の設計
1時間当たり給湯量[L/h]
1時間当たり給湯量[L/h]の計算式を紹介します。 Qhm=U×(N×Hh)
厨房における時間最大予想給湯量の算定
厨房における時間最大予想給湯量は次の計算式より求められます。 Qhm : 時間最大予想給湯量 [L/h] Qhm = (q1・N1+q2・N2+ ・・・・・) ・(60-tc)/(th-tc)
貯湯タンクの算定
貯湯タンクの容量は次の計算式より求められます。 Qhm : 時間最大予想給湯量 [L/h] Qhm = K 1・Qd K 1 : 時間最大予想給湯量の1日当り給湯量に対する割合(事務所=0.2、住宅、ホテル等=0.15) Qd : 1日当り給湯量 [l/d] =N ・qd・(60-tc) / (th-tc)
加熱能力の算定
加熱能力の算定 加熱能力は次の計算式より求められます。 H : 加熱能力 [kW/h] H = 0.00116・K 2・Q hm・(th-tc)
蒸気消費量の算定
蒸気消費量の算定 蒸気消費量は次の計算式より求められます。 G = 3,600・K4・H / (γ・η)
共同浴場の入浴人員・浴槽の大きさ・加熱能力等の算定
同時最大入浴人員 同時最大入浴人員は次の計算式より求められます。 P : 同時最大入浴人員 [人] P = K ・Pt
浴槽容量の算定
浴槽容量の算定 浴槽容量は次の計算式より求められます。 W : 浴槽容量 [L]
洗い場面積の算定
洗い場面積の算定 洗い場面積は次の計算式より求められます。 A : 洗い場面積 [m2]
上り湯栓の算定
上り湯栓の算定は次の計算式より求められます。 N : 上り湯栓 [個] N = 0.75・P
共同浴場の瞬間式の設計給湯量の算定
共同浴場の瞬間式の設計給湯量の算定 設計給湯量は次の計算式より求められます。 Qhm : 設計給湯量 [L/h] Qhm= q 1・P
共同浴場の貯湯タンクがある場合の設計給湯量の算定
共同浴場の貯湯タンクがある場合の設計給湯量の算定 Qhm : 設計給湯量 [L/h] Qhm= q2・P
ろ過装置の算定
循環湯量は次の計算式より求められます。 vc : 循環湯量 [L/h] vc =q4・1/T4 - 4vs [L/h] T4=q4 / N1 ・1/q0
給湯用循環ポンプの算定
給湯用循環ポンプの算定 給湯用循環ポンプ(簡易算定)は次の計算式より求められます。 W : 循環湯量 W = 0.2・q [L/min]
電気温水器の算定(器具数による算定)
電気温水器は次の計算式から求められます。 Q : 温水器容量 [L] Q = Σ(th- tc/thm- tc・Qd )
ヒートポンプ給湯機の貯湯タンク・加熱能力の算定
ヒートポンプ給湯機の貯湯タンク・加熱能力の算定。 給湯量は次の計算式から求められます。 Qd : 1日当り給湯量 [L/d] Qd = N ・qd