事務所ビルのエネルギー消費の割合

スポンサードリンク



事務所ビルのエネルギー消費の割合

事務所ビルのエネルギー消費の割合は次のとおりになります。

 

1. 空調用 約47%
2. 照明   約32%
3. その他  約21%

 

 

クリックでポチッ!と投票をお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

 

事務所ビルのエネルギー消費の割合関連エントリー

受変電設備
受変電設備は、建築の用途及び規模によって変わってきます。 戸建住宅、小規模建物では低圧で受電することが可能です。この場合、受変電設備は不要になります。
CT(変流器)
CT(変流器)は、配電盤の電流計、電力計及び過電流引き外しコイル の電源として、交流電流計の測定範囲拡大に使われる計器用変成器です。
DS(断路器)
DS(断路器)とは、電力回路の無負荷時の電圧を開閉する電力機器で、一部を除き基本的には電力の開閉ができません。
LBS(高圧負荷開閉器)
高圧負荷開閉器は変圧器や進相コンデンサーの一次側に設置し、主に300kVA以下のものに使用されますが、それ以上でも使用することもできます。
Tr(変圧器)
Tr(変圧器)とは、受変電設備において交流電力の電圧の高さを電磁誘導を利用して変換する電力機器になります。
VCT(計器用変圧変流器)
VCT(計器用変圧変流器)は、電力計、無効電力計器及び最大需要電力計と組み合わせて電力需給用として使用されるもので、構造は計器用変圧器と変流器を同一鉄製油槽内に納めたものになります。容量・サイズは、契約電力等により異なりますので、選定が必要となります。
ZCT(零相変流器)
ZCT(零相変流器)とは、回路の地絡事故時に流れる零相電流を検出する変流器で、地絡GR(継電器)と組み合わせて使用されます。
GR(地絡継電器)
GR(地絡継電器)は、一定値以上の地絡電流(零相電流)が流れたとき場合に、零相電流を検出して接点動作を起こし、遮断器を作動させ、事故回路を開閉させたり警報信号を出します。