アラーム弁

スポンサードリンク



アラーム弁

アラーム弁(流水検知装置)は火災でスプリンクラーが働いたときに流水を感知します。

 

そしてスプリンクラーヘッドが作動すると、その流水を検知して火災受信機等に火災階を表示し、警報を発します。

 

アラーム弁内部は逆止弁構造で、通常は弁体が閉じており、一次側と二次側が仕切られています。このため、一次側と二次側に圧力差が生じることもあり、通常は一次側二次側それぞれに圧力計が設けられています。

 

また、スプリンクラーヘッドは火災が鎮火しても自動的に水は止まりません。 放水を停止するためには、鎮火を確認したのちに、アラーム弁と同じ場所にある制御弁を人が閉じる必要があります。

 

 

クリックでポチッ!と投票をお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

アラーム弁関連エントリー

防火対象物
山林又は舟車、船きょ若しくは埠頭に繋留された船舶、建築物その他の工作物若しくはこれらに属するものをいう。
末端試験弁
末端試験装置は何の為に付いているのか?