蒸気のメリットとデメリット

スポンサードリンク



蒸気のメリットとデメリット

 

【蒸気のメリット】

 

 

1.圧力を変えることで温度を容易に変えられる。

 

2.温水などの流体に比べて高い温度と大きな熱量をもっている。

 

3.電気やガスなどに比べて加熱面全体を均一に加熱できる。

 

 

 

【蒸気のデメリット】

 

 

1.運転中に蒸気と共に空気が混在すると、熱伝導率が低下する。

 

2.蒸気は冷えたら水になります。(蒸気の潜熱が使用されて凝縮してできた高温水)
蒸気にドレンが混在すると、スチームハンマーによる騒音や機器破損を招く原因となり
また、蒸気の通過量も減少するだけでなく配管・機器の腐食や凍結による破損を招きま す。

 

 

 

【用語の説明】

 

 

1) 沸点:水がぐらぐらと沸騰する時の温度。

 

2) 圧力と沸点:圧力が高くなると沸点も高くなり、圧力が低くなると沸点も低くなる。

 

3) 潜熱:蒸気として使用できる熱量。
蒸気−潜熱=ドレン

 

4) 顕熱:ドレンが持っている熱量。
蒸気の熱を利用して潜熱が消費されると、蒸気はドレンとなる。

 

 

クリックでポチッ!と投票をお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

蒸気のメリットとデメリット関連エントリー

蒸気の特徴
一般に蒸気とは、飽和蒸気をさします。水を一定の圧力のもとで加熱すると、水の温度は徐々に上昇し、ある温度になると水の一部が蒸発をはじめ、更に加熱すると水の全部が蒸発するが、この間の温度は一定である。
蒸気トラップ
蒸気トラップ(スチームトラップ)は、蒸気配管の末端や放熱器などに取付け、凝縮水や空気を自動的に排出するもので、ベローズ式、フロート式、バケット式、バイメタル式、ディスク式などがあります。いずれも復水の水位、蒸気と復水の温度差や流体力学的特性などによって作動します。