蒸気の特徴

スポンサードリンク



蒸気の特徴

 

通常蒸気とは、飽和蒸気のことをさします。

 

この蒸気ですが、水を一定の圧力のもとで加熱すると、水の温度は徐々に上昇し、ある温度になると水の一部が蒸発をはじめます。

 

更に加熱すると水の全部が蒸発します、この間の温度は一定になります。

 

この一定の温度を「飽和温度」、このときの圧力を「飽和蒸気圧力」
といい、またこのときの蒸気を「飽和蒸気」といいます。

 

飽和蒸気を更に加熱し、温度が飽和蒸気温度以上になった蒸気を「加熱
蒸気」といい、加熱蒸気の温度と、飽和温度との差を「過熱度」といいます。

 

 

クリックでポチッ!と投票をお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

蒸気の特徴関連エントリー

蒸気のメリットとデメリット
ここでは蒸気のメリットとデメリットについて説明します。
蒸気トラップ
蒸気トラップ(スチームトラップ)は、蒸気配管の末端や放熱器などに取付け、凝縮水や空気を自動的に排出するもので、ベローズ式、フロート式、バケット式、バイメタル式、ディスク式などがあります。いずれも復水の水位、蒸気と復水の温度差や流体力学的特性などによって作動します。