空調の省エネルギー基準

スポンサードリンク



空調の省エネルギー基準

空調の省エネルギー基準について、省エネ法で述べ床面積が2,000uを超える事務所と店舗は空調エネルギー消費係数(CEC)と年間負荷係数(PAL)の値が規制されています。

 

・CEC
CECとは空調設備にかかるエネルギーの効率的な利用の基準として用いられる指標です。
 事務所ビル・・・1.6以下
 店舗・・・1.8以下
以上の通り用途により値が決められています。

 

【計算方法】
CEC=年間空調エネルギー消費量/年間の仮想空調負荷

 

 

・PAL
PALとは建物外周部の熱的性能を評価する指標です。
 事務所・・・80×規模補正係数 以下になるようにします。
 店舗・・・100×規模補正係数 以下になるようにします。

 

【計算方法】
PAL=ペリメーターゾーンの年間熱負荷/ペリメーターゾーンの床面積

 

 

クリックでポチッ!と投票をお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

 

空調の省エネルギー基準関連エントリー

省エネ計画書作成支援ツール
省エネ計算でお困りの方へ無料で利用の出来る省エネ計画書作成支援ツールを紹介します。
住宅のエネルギー基準
『住宅のエネルギー基準』では、全国を6地域に分類しています。