建築設備技術者支援サイト

スポンサードリンク



住宅のエネルギー基準

『住宅のエネルギー基準』は、省エネルギー性能を高める為に平成11年に定められました。
ただし、多くの先進国の断熱基準よりも緩く、義務ではなく、あくまで目標なので先進国の中でも断熱化率は最低です。そんな事もあり、政府は2020年までに全ての新築建造物の断熱化を義務化する予定をしており、その際には現在の省エネルギー基準より厳しい断熱化基準を採用する予定です。

 

 

地域区分について

 

『住宅のエネルギー基準』では、全国を6地域に分類されており、地域ごとに断熱性能が定められています。
また、地域区分は、市町村別となっており、これは山間部や沿岸部など一つの県の中でも気候が大きく異なる地域が存在するためです。

 

省エネルギー基準による地域区分

 

住宅に係わるエネルギーの使用の合理化に関する基準

 

住宅に係るエネルギーの使用の合理化に関する設計及び施工の指針

 

住宅に係るエネルギーの使用の合理化に関する建築主の判断の基準

 

 

クリックでポチッ!と投票をお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

 

 

住宅のエネルギー基準関連エントリー

省エネ計画書作成支援ツール
省エネ計算でお困りの方へ無料で利用の出来る省エネ計画書作成支援ツールを紹介します。
空調の省エネルギー基準
空調の省エネルギー基準について、省エネ法で述べ床面積が2,000uを超える事務所と店舗は空調エネルギー消費係数(CEC)と年間負荷係数(PAL)の値が規制されています。