必要冷却能力及び除湿能力の計算式

スポンサードリンク



必要冷却能力及び除湿能力の計算式

必要冷却能力及び除湿能力は次式の計算で求められます。

 

建築設備倶楽部より引用

 

風量(m3/min)×60×エンタルピー差(kcal/kg(DA))×空気密度(1.2kg(DA)/m3)÷0.86

 

 

◇計算の例
風量10m3/minでOA32℃50%、SA22℃55%の場合
OA 温度32℃ 湿度50%
   比エンタルピーは 16.83kcal/kg(DA)
SA 温度22℃ 湿度55%
   比エンタルピーは 10.78kcal/kg(DA) この場合の露点温度は12.5℃
露点温度 11.1℃ 湿度100%
   比エンタルピーは 8.44kcal/kg(DA)

 

 

したがって
10×60×(16.83-8.44)×1.2/0.86=7,024W
                     ≒7.0kW

 

 

7.0kW/hの冷却能力及び除湿能力が必要となります。

 

 

クリックでポチッ!と投票をお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

必要冷却能力及び除湿能力の計算式関連エントリー

冷却コイル容量求め方
冷却コイル容量は次式の計算で求められます。 qCT=1000/3600・V・ρ・(h3‐h5)≒0.28・V・ρ・(h3‐h5)