ガス放出防止器

スポンサードリンク



ガス放出防止器

ガス放出防止器は、大きく以下に説明する2方式に分類されます。

 

◇過流式ガス放出防止器
過流式は、ヒューズコックのヒューズ機構と同じような構造で、地震や自然災害による配管の破損などにより大量のガスが流れた場合にガスを遮断する仕組みになっています。
遮断流量に応じて、4.7kg/h用、7.5kg/h用(高圧用)、7.5kg/h用(高圧用)転倒遮断機能付きの3タイプがあります。いずれも作動流量を超過した場合に、ガス通路を閉鎖する機能をもちます。

 

◇張力式ガス放出防止器
張力式は、LPガス容器が地震などによって揺れた場合に、ガス放出防止器本体と壁面などを固定する鎖に所定の力が加わった場合にガス遮断機能を作動させる仕組みになっています。

 

ガス放出防止器の選定にあたっては、製造年月日から6ヶ月以内のものが望ましく、用途に応じて上記から選定する必要があります。
また、LIAの検査に合格した合格証票が貼り付けされたものを使用する必要があります。

 

 

クリックでポチッ!と投票をお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

ガス放出防止器関連エントリー

ガス漏れ警報器の取付位置について
ガス漏れ警報器の取付位置は、空気より軽いガス(都市ガス)の場合は天井付近へ取付します。また、空気より重いガス(LPG)の場合は床付近(床上30cm以内)へ取付します。
都市ガスと液化石油ガス(LPG)の比較
液化石油ガス(LPG)の供給圧力は都市ガより3倍程度高いため配管工事は都市ガスよりも入念な工事を必要とします。
ガス放出防止型高圧ホース
ガス放出防止型高圧ホースは、ガス放出防止器と同様の仕組みで、高圧ホースのPOL内部にガス放出防止機構が組み込まれたものです。 方式についてもガス放出防止器と同様、過流式と張力式の2方式に分類されます。