音のレベル

スポンサードリンク



音のレベル

音のレベル、強さは、音波の進む方向に垂直な単位面積あたりの音響の強さをいい、単位はW/uであらわします。
最小可聴音は0.00000000001W/uで、これを基準に音の強さのレベルを示し、単位はデシベル(dB)であらわします。

 

音の強さのレベルは、次の計算式で求められます。

 

10 log10×(その音の強さ(I)/基準音(I0))

 

 

音圧の程度の目安
20dB 
 ・木の葉のふれあう音・置時計の秒針の音(前方1m)
30dB 
 ・郊外の深夜・ささやき声
40dB 
 ・市内の深夜・図書館・静かな住宅の昼
50dB 
 ・静かな事務所・クーラー(屋外機、始動時)
60dB 
 ・静かな乗用車・普通の会話
70dB 
 ・ステレオ(正面1m、夜間)・騒々しい事務所の中・騒々しい街頭
80dB 
 ・地下鉄の車内・電車の車内・ピアノ(正面1m)
90dB 

 ・犬の鳴き声(正面5m)・騒々しい工場の中・カラオケ(店内客席中央)
100dB 
 ・電車が通るときのガードの下
110dB 
 ・自動車の警笛(前方2m)・リベット打ち
120dB 
 ・飛行機のエンジンの近く

 

 

クリックでポチッ!と投票をお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

 

 

音のレベル関連エントリー

音の合成
音の合成について、二つの音圧レベル(dB)が同じとき、合成音は3dB増加します。また、二つの音圧レベル(dB)差が15dB以上ある場合については、大きい方の音圧レベル(dB)とほぼ同じくなります。
音速
音速は、気温15℃の時に約340mの速さになります。
騒音の測定
騒音の測定は、JIS規格による指示騒音計を用いて行いますが、この際A特性を用います。 ちなみにA特性とは、騒音計が可聴音である20Hz〜20kHzの範囲のうち、比較的耳の感度が良い200Hz〜8kHzぐらいを対象としそれを補正し、人間の耳に近い感覚で音の大きさを計ってくれます。この補正をA特性といいます。
騒音規制法
第一条 この法律は、工場及び事業場における事業活動並びに建設工事に伴つて発生する相当範囲にわたる騒音について必要な規制を行なうとともに、自動車騒音に係る許容限度を定めること等により、生活環境を保全し、国民の健康の保護に資することを目的とする。
騒音防止
設備機器の場合は個体伝播音になりますので防振ゴム、防振架台を設置するほかに、床衝撃音には弾性材料をはさんだ浮き床にする方法がよいです。
マスキング現象
マスキング現象とは、大きな音に小さな音がかき消されることをいいます。