水ガラス

スポンサードリンク



水ガラス

 

水ガラス

 

水ガラスは、ケイ酸ナトリウムを水に溶かして加熱することで得られる、ケイ酸ナトリウムの濃い水溶液のことをいいます。

 

水飴状で大きな粘性を持ち、接着剤、耐火塗料などとして利用されます。粘土の粘性を低下させる力を持ち、粘度調整用の添加剤として陶芸で使用されています。

 

水ガラスに塩酸などの強酸を加えると、弱酸の遊離がおこってゲル状のケイ酸が沈殿し、また水ガラスに金属塩を加えるとそのケイ酸塩が生成します。

 

この現象をケミカルガーデン(en:Chemical garden)といい、理科の実験でよく題材にされます。

 

アルカリとしては一般に成分として酸化ナトリウムNa2O(場合によっては酸化カリウムK2O)を含み、組成はNa2OnSiO2(n=2〜4)のほか少量の酸化鉄Fe2O3などが含まれており、水分は10〜30%になります。
ケイ酸(ケイ砂)SiO2nH2Oと無水炭酸ナトリウム(ソーダ灰)Na2CO3の混合物を1300〜1500℃で融解し、できた固体を低圧蒸気缶で処理すると得られます。

 

純粋なものは無色の水飴(みずあめ)状の液体で粘性が高く空気中では二酸化炭素を吸収してゲル状ケイ酸が析出するので、強い接着力を示します。

 

また水ガラスから水分を蒸発させるか、無水の水ガラスと水少量とを加熱すると、和水水ガラスができる。接着剤、接合剤、耐火セメントなどの原料となります。またアルカリ性であることから洗剤、洗浄剤などにも用いられています。

 

 

クリックでポチッ!と投票をお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

水ガラス関連エントリー

三角スケール
三角スケールは通称三スケといいます。
赤外線
赤外線とは、可視光線より波長が長く、電波より波長が短い電磁波のことをいいます。
紫外線
紫外線は可視光線より短く軟X線より長い不可視光線の電磁波です。
可視光線
可視光線とは、電磁波のうち、人間の目で見える波長のものを指します。
モニタリング
監視・追跡のために行う観測や調査のこと。継続監視とも言われる。
ヤング率
ヤング率とは、断面積S、長さlの物体に長さ方向に外力Fが作用した時の伸びまたは縮みがΔlの時、Eをヤング率といいます。
地球温暖化係数
地球温暖化係数とは、二酸化炭素の地球温暖化への影響を1とした場合の他の温室効果ガス分子の相対的な赤外線吸収割合を示すものとなります。
ハライドトーチ式ガス検知器
ハライドトーチとは、フロン系冷媒のガス漏れを検出する装置のことをいいます。
ホルムアルデヒド
ホルムアルデヒドとは、現在、建築基準法によりホルムアルデヒドを放散する建材の使用制限が設けられています。
可視光線
可視光線とは、電磁波の中で人間の目に光として見えるものになります。 波長は、おおよそ380nm(ナノ)〜780nm(ナノ)のものになります。
ファーレンハイト度
ファーレンハイト度とは、華氏度のことをいいます。ドイツの物理学者ファーレンハイト(Fahrenheit, Gabriel Daniel)が、1724年に考案したものです。
セルシウス度
セルシウス度とは、摂氏度のことをいいます。スウェーデンのアンデルス・セルシウスが1742年に考案したものに基づいています。
マクロセル腐食
マクロセルとは巨視的電池のことをいい、マクロセル腐食とは埋設配管で電位差による電池的作用により生じる腐食のことをいいます。
ミクロセル腐食
ミクロセルとは、水や土壌など電解質に接している鉄の表面には微視的な陽極部と陰極部から成る局部電池が多数形成されることをいい、比較的穏やかで均一且つ全面的な腐食を引き起こすことをミクロセル腐食といいます。
ライフサイクルコスト(LCC)
ライフサイクルコスト(LCC)とは、建物の企画、設計建築し、建物を維持管理して最後に解体、廃棄処分するまでの費用の総額をいいます。
HACCP(ハセップ)
HACCP(ハセップ)とは、食品衛生法で規定されていて、食品を製造、加工していくうえで最終的な製品になるまでの全工程のことをいいます。
カソード
カソードとは、真空管、電解槽では陰極ですが、電池では陽極(正極+)をあらわします。
アノード
その他設備に関わるさまざまな用語を紹介します。
バイメタル
バイメタルとは、熱膨張率が異なる2種類の金属を貼り合わせたもので、熱膨張の大きな金属と熱膨張が小さな金属の温度変化によって湾曲し変化する性質を利用しています。
熱膨張率
熱膨張率は熱膨張係数ともいわれ、温度の上昇により物体の体積及び長さが膨張する割合をいい、単位は1Kであらわします。
アニオン
アニオンとは、電子を受け取り負の電荷を帯びた原子のことをいいます。
カチオン
その他設備に関わるさまざまな用語を紹介します。
力のモーメント
力のモーメントは、力の単位×長さの単位で表し、kN・mまたはN・mで表します。
コージェネレーション
コジェネレーションとは、原動機で発電する際の廃熱を給湯、冷暖房の熱源として有効的に利用する事をいいます。
結露
結露現象には、表面結露と壁体内部に発生する内部結露があり、特に内部結露防止対策には注意が必要となります。 また、結露の対策には、水蒸気の抑制、建物の断熱化が要求されます。コンクリートの建物では、内断熱工法よりも外断熱工法のほうが、結露対策には有効とされています。
レジオネラ菌属
一般的には、20℃〜50℃で繁殖し、36℃前後が最も繁殖するといわれます。レジオネラ菌属は生存・繁殖するために、ほかの細菌や藻類などから必要な栄養を吸収したり、アメーバなどの原生動物に寄生し繁殖する特性があります。
耐熱性硬質塩化ビニルライニング鋼管
耐熱性硬質塩化ビニルライニング鋼管は、給湯配管、冷温水配管の耐熱性や耐食性が要求される用途で使用されます。
ティグ溶接(TIG溶接)
ティグ溶接(TIG溶接)は、タングステン電極の周りから保護ガス(アルゴンガス)を放出し、 大気から溶融金属を遮断して溶接を行います。