LED(発光ダイオード)

スポンサードリンク



LED(発光ダイオード)

LEDとは、電流を流すと発光する半導体素子の一種で、発光ダイオードともいいます。

 

LEDは、アノードとカソードの2つの端子があり、アノードに正、カソードに負の電圧をかけると、数ボルトの電圧で電流が流れ、発光します。

 

赤色LED、緑色LED、オレンジ色LEDなどの種類があり、最近になって難しいとされていた青色LEDが実用化されたため、赤・青・緑の光の三原色が揃いました。

 

この赤色LED、青色LED、緑色LEDの組み合わせで白色を含む様々な色の光を作ることができるため、フルカラーの表示装置や照明、光ディスク装置のヘッドなどの用途が拡大しています。

 

さらに近年では白色LEDの実用化も進んで、電球や蛍光灯に比べて余分な熱を消費せず寿命も圧倒的に長いため、次世代の照明として期待されています。

 

イニシャルコストは高くつきますが、ランニングコストは寿命が長く維持管理があまりかからないので抑える事ができます。

 

 

クリックでポチッ!と投票をお願いします。
にほんブログ村 住まいブログ 住宅設備・設備工事へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

LED(発光ダイオード)関連エントリー

インバータ
直流電力を交流電力に変換する逆変換装置のことで、逆変換器ともいう。
コンバータ
コンバータは、交流電源を直流電源に変換するダイオード、サイリスタ、IGBTGTOなどの半導体の整流装置のことです。
高調波フィルタ
高調波流出対策として高調波発生源の近傍に設け,基本波に対する無効電力補償を行うと同時に,特定高調波を吸収する装置。
高調波
家庭のコンセントに使われている交流は東日本では50Hz(ヘルツ)、西日本では60Hzです。このヘルツは周波数と呼ばれるもので一秒間に繰り返される電気の流れる方向が変わる回数のことです。
フレミングの法則
フレミング左手の法則は、磁界の中で電流が受ける力の向きを表し、フレミング右手の法則は、磁界の中で導線を動かすとき、誘導起電力または誘導電流の向きを表します。
高輝度放電ランプ(HIDランプ)
高輝度放電ランプ(HIDランプ)とは、高圧水銀ランプ、高圧ナトリウムランプ、メタルハイドライドランプなどのことをいいます。
太陽電池
太陽電池とは、太陽の光のエネルギーを電気エネルギー(電力)に変換して利用するもので、この基本原理そのものは1839年にフランスの物理学者アレクサンドル・エドモン・ベクレルによって発見されています。